3年ぶりに再始動!

2014/081234567891011121314151617181920212223242526272829302014/10

昨年11月の湘南国際マラソン以降、目標月間走行距離220キロを一度も達成しないという、不本意な日々が続いています。
原因はズバリ、練習を早朝から夜に切り替えたため
寒くなると、早朝よりも夜のほうが体が良く動くので、怪我防止には良いのですが、
仕事で帰りが遅くなると、ついつい練習を中止してしまいます。

4月のかすみがうらに向けて、2月は走りこみ月間
最低でも250キロの目標をたてました。
そこで、半年ほど休んでいた「帰宅ラン」を再開しました。

走行距離を伸ばしたい方のために、いつも使っているグッズをご紹介しますので参考にしてください。
昨年、帰宅ランを始めるにあたって、チームゆきゆきさんのブログやアドバイスを参考にさせていただきました。

①服装
ゆきゆきさんはウィンドブレーカーで出勤、オフィスでスーツに着替えるそうですが、
私のオフィスは作業着なのでスーツ着用の必要もなく、この点は楽です。
しかし、さすがにウィンドブレーカーとかジャージで出勤はちょっと、まだ無理… しかも寒い…

そこで、試行錯誤の末、編み出した出勤スタイルは、
 上: メッシュTシャツ(ユニクロ)→マイクロフリース(ユニクロ)→ダウンジャケット(ユニクロ)
 下: ジーンズ
 靴: バスケットシューズ(収納時にかかとがつぶれても大丈夫だから)

で、帰宅ラン時はダウンジャケットを小さな袋に収納、下はウィンドブレーカーのパンツに着替え、
ランニングシューズを履きます。ダウンジャケット、ジーンズ、バッシュは背負いますが、とても軽く、
コンパクトにまとまります。
上着はフリースだけですが、走り出してしまえば寒さは感じません。

②リュック
これが一番悩みました。
ゆきゆきさんはユニクロで買ったディパックを使用。汗で汚れるので、洗えることが必須とアドバイスをいただきました。
私のリュックはDeuterのアドベンチャーライト20、トレール用らしく非常に軽量です。
deuter

軽量化のため、ショルダーベルトやウェストベルトはメッシュでできていますが、蒸れないので、かえって快適です。
形も独特で、写真ではわかりにくいのですが、下になるほど細く作ってあり、腕振りが妨げられない構造になっています。
容量は20リットル、出勤時の服と靴、書類や雑誌など、結構入ります。これ以下の容量だと、ちょっと厳しいかもしれません。
この他にリュック選びのポイントは、
 ・ショルダーベルトにチェストベルトが付いていること(走行時に肩からずり落ちない)
 ・ウェストベルトが付いていること(走行時の上下動を抑える)
 ・中の荷物を固定できるような、コンプレッション用のベルトや紐が付いていること   など

1月の新宿シティーマラソンの参加賞リュックも試してみましたが、結構良かったです。
ただし、ベルトの金具が弱く、ベルトがすぐに伸びてしまうのが欠点ですが。

③その他、持ち物
 ・ライト: 100均で売っている小さなライトを手に持って走ります。主に、前方から来る自転車に
       気づいてもらいたい時に点灯します。帽子のつばにテーピングテープで貼れば、
       簡易ヘッドライトにもなります。
 ・軍手、イヤーバンド: 寒さ対策です。耳と指先が冷えると結構つらいです。
 ・小さなチャック袋: 携帯、USBメモリーなどを入れます。リュックの中でも、意外に汗で濡れ
             ます。
 ・レジ袋: リュックに入れるものは何でも、これに包みます。汗対策です。
 ・テーピングテープ、絆創膏、湿布、ティッシュ、リップクリーム: 何があっても家に帰らなけ
       ればならないので、これらを1つの袋にまとめて持ち歩いています。

④ルート
これが一番大切です。
何かあったときに、電車やバスにすぐに乗って帰れるようなルート設定が必要です。
一番簡単なのは、線路沿いに走って帰ること。
私の場合は、途中3つの駅の横を通るようにしています。
また、夜間は自転車(自動車じゃないよ)に轢かれるリスクが高いので、歩道がしかっりしていて、明るい道を選びます。
トイレの心配もあるので、大型ショッピングセンターやスーパーもルートに含めます。
信号はできるだけ少なくしたほうが、一定のペースで走れます。

私の場合、会社から家まで12.5キロなので、距離としてはちょうど良いのですが、ゆきゆきさんは
もう少し離れているようで、途中から電車に乗って帰られるときもあるようです。


長くなってしまいましたが、こんな感じです。
帰宅ランを再開したおかげで、仕事で帰りが遅くなっても走れるようになりました。
なかなか走る時間がとれない方は、是非試してみてください。
FC2 Management
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ojibo.blog17.fc2.com/tb.php/120-f13c4847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック