3年ぶりに再始動!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

走った記録
■自己ベスト■
  5km  21'11 ('10/02)     10km  42'55 ('09/01)     20km 1:28'38 ('09/02)
 30km  2:33'08 ('14/10)     ハーフ  1:35'27 ('09/03)    フル  3:32'22 ('08/11)
 100km   11:52'18 ('11/06)

■2014-15年参加予定レース■
  2月22日 東京マラソン2015
  3月15日 横浜マラソン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月走れなかったよこはま月例20kmを走ってきました。

月例の20kmを走るのは2011年10月以来、3年振り。
やはり介護期間中は走る余裕が全く無かったようだ。

前回9月のハーフのペースが4'49/kmだったので、今回の目標は1:35以内(4'45/km)

スタートは前がつかえることもなくスムーズで、すぐに自分のペースで走れるようになった。
丁度いいペースの方がいたので、申し訳ないがその人について行くことにした。
この方のペースはとても正確で、常に4'40~45/kmをキープ
ラスト5kmはペースアップされたのか、または自分のペースが落ちてきたのか、
離されがちだったが、何とか頑張ってゴール。

結果はネットで1:34'13(4'43/km)

今回の目標は達成できたが、全く余裕がなかった。
フル後半のペースがかなり落ちてしまうことを考えると、もう少し速いペースで走れる余裕がほしいところ。
次回は4'30/kmに挑戦できるくらいまで、練習が進んでいればいいのだが。

スポンサーサイト
湘南国際から1週間経って、一人反省会開始

今回の失敗の原因はペース配分
5'15/kmが限界とわかっていながら、ペースを落として走ることができなかった。
普段走りなれていないペースであり、ランナーにどんどん抜かれていく
というあまり気分の良くないシチュエーションということもあり、
気が付くと周囲のペースで走ってしまう。

しかし、オーバーペースで走った後半はもがいてももがいても
前に進まない感じで、精神衛生上よろしくない。
練習のモチベーションを保つためにも、
実力に見合ったイーブンペースを維持することが大事
(とわかっていても、なかなかできないんだけどね)

参考までに、練習時間が全く取れなかった頃の2012年の東京マラソン
(事前練習は30キロ走2回のみ)の結果と比べてみた。

     東京2012  湘南2014
5km    27'58     25'25
10km   27'14     25'12
15km   27'29     25'31
20km   27'26     25'43
25km   28'00     26'42
30km   33'11     27'33
35km   28'59     29'01
40km   28'07     33'39
42.2km  11'31     14'17
total   3:59'55    3:53'06

30kmの33分はトイレに並んだためで、そのロス5分を除けば
結果は今回とほとんど変わらない。
しかも、東京マラソンは気分よく走れて、ゴール後もウキウキだった。

練習が思うようにできなかったとしても、実力に合わせて走れば
それなりの結果が付いてくるし、
どんなに練習しても、実力以上のオーバーペースでは何も得られない。
やはり、実力に合ったペースで楽しく走りたいものだ。


ところで、いつも走っていて思うのだが、湘南国際の後半って登り基調じゃね?
足が無くなってくる湘南大橋の手前ぐらいから、ひたすら上り坂のような気が
して、ペースは落ちるし、苦しいし、どうにもランナーに優しくないコース
のような気がしてならない。
第1回目の江ノ島スタートにもどした方が、いいタイムが狙えるのではないだろうか?
実際、フル一般の部の第1回目の記録は第7回まで更新されていない。
やっぱり、江ノ島スタートの方がいいなあ。

反省会はこれくらいにして、東京マラソンに向けた練習を開始しよう。
湘南国際マラソンを走ってきました。
すごくいい天気になってしまって、とても暑かった。
結果は、タイムは昨年よりも1'30遅いが、順位は約100位良いというビミョーなところ。

あれだけ練習したのに

5km 25'25 (5'05/km)
10km 25'12 (5'02/km)
15km 25'31 (5'06/km)
20km 25'43 (5'09/km)
25km 26'42 (5'21/km)
30km 27'33 (5'31/km)
35km 29'01 (5'48/km)
40km 33'39 (6'44/km)
LAST 14'17 (5'51/km)
Total 2:53'06 (5'36/km)

見事なポジティブ・スプリット

同僚からは、(年を追うごとに)どんどんマイペース
という嬉しくないお褒めの言葉をいただいた。

さて、東京マラソンに向けてどうやって練習していったらいいものか…
明日の準備のために湘南国際マラソンのHPを見ていたら、参加者名簿が公開されていた。
どんな人が参加するのかな?なんていう感じで眺めていたら、
なんとあのコーセイさんの名前があった!

あつぎマラソンの優勝経験もあり、
このブログを中断するまでは、よくアドバイスをいただいた。

ブログ中断中も、コーセイさんのブログだけは欠かさず拝見していたが、
コメントを書くのもはばかれたので本当に読むだけだった。

ある時にランニング関係の内容は全て削除され、
映画やアニメの話題に特化されてしまったので、ランニングは引退されたのだとばかり思っていた。

ブログ再開時にご挨拶しようかと思っていたら、私が再開したのと前後してブログもやめられてしまった。
何となく名残惜しくて、ブラウザーのお気に入りにはコーセイさんのブログが残っている。

なによりも、まだ走られていることが分かって、とても嬉しかった。
お会いしたことがないのでお顔は分からないのだが、先頭集団がすれちがった時には応援しよう。

レベルが全然違うので恥ずかしいのですが、お互い頑張りましょう。
先週は2つのイベントがあったが、ブログの更新が遅れてしまった。

1つ目は、23日(木)に江ノ島に行ってきた。
もちろん走って。
片瀬江ノ島駅前のこの橋の上に立つのは、実に3年ぶりだ。

第1回湘南国際Mの前日、ここでおばあさんに声を掛けてもらわなかったら、1度もマラソンを走ることは無かっただろう。
あの惨めな気持ちが、たった一言でやる気に満ちあふれた。
今でも思うのだが、本当に神様に出会ったような体験だった。

ここにくるたびに、あのおばあさんがひょっこり現れてくれるのではないかと思うのだが、その願いだけは叶わない。

いろいろな事情で思うように走れなくなってしまったときも、必ず走れるようになると信じていた。

「おかげさまで、今年から、また好きなだけ走れるようになりましたよ。
 ありがとうございます。」

もし会えたら、そうお礼が言いたかった。
江ノ島 20141023


2つ目は、あつぎマラソン
これも数年ぶりの参加だ。
さすがに翌週に湘南国際が控えているので、ハーフではなくて、10km。

実に楽しかった!
グイグイと自分を押していくというか、追い込んでいくというか、今持っている自分の力を出し切った感があった。

でもタイムは悪く、ネットで46'35、4'40/kmペースに過ぎない。

ここから予想される湘南国際のタイムは、良くて3時間45分(5’20/km)

今の実力はこの程度。
次のレースに繋げられるように、イーブンペースで完走したい。


このあつぎマラソンで、ちょっと悲しい出来事があった。
ウォーミングアップ中に心肺停止となったおじいさんがいた。
幸いその場にいた方のおかげで蘇生され、救急車で搬送された。

私は倒れた姿しか見ていないが、日頃から鍛錬されている方のように見受けられた。
きっと走ることが生き甲斐の一つであったことは間違いない。

しかし、こういうことがあると恐らく、医師も家族も二度と走らせてはくれない。
ご自身でも諦めがつけばいいが、そうでないととても辛いだろう。

もし自分だったら…
と考えてしまうのは、既に自分もこうしたリスクを覚悟して走らなければいけない年齢になったからかもしれない。

私の母はリハビリが嫌で、自らすすんで寝たきりになり、晩年はとても惨めだった。
そして私の走る時間も失われた。

あのおじいさんには健康を取り戻して、また走り始めてもらいたい。

走れることはすばらしい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。